アナタは

自分が死んだ後のことを、アナタはどのようにお考えだろうか。
きっと、長い人生を生きてきて、そうして様々な価値観を見出すに至る経験というものがあったはずだ。
そういったとき、あなたはどのような最後を理想とするのだろう。

さいきん、この海洋葬という供養手法が話題になっている。
海に、散骨を流してやることで、その魂をしっかりと供養させてやるということだ。

海というのは、やはりわたしたち人間にとって非常に特別な存在だ。
父であり、そして母でもある、そんな暖かな存在だ。

この海に、自分の骨を流すことができれば、それはもう、とっても人として理想的な最期なのではないだろうか。
海洋葬という供養方法が存在するのは、ギスギスとした現代社会に縛られ通した人々が、せめて死後の世界では自由に波間に揺られるような生活を送れるようにといった、そんな理想があってのことなのだろう。

海とは常に脅威でありながら、しかし不思議と人の心を癒してくれる存在であった。
海洋葬を依頼する人もまた、そんな癒しの部分を強く、この形式の散骨に見出したことであろう。

自分の最期を先祖の墓に仕舞うことをあまり好ましくは思わない人だっている。
この海洋葬についてを、これからみていこうではないか。

イチ押しリンク

archive
category
  • カテゴリーなし
calendar
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930